騰龍社一尺四寸祭礼用長胴太鼓両面張替立ち合い 

サイト内検索ウェブサポ サポートページサイト管理画面

新着情報

トップページ > 新着情報 > 修理実例 > 騰龍社一尺四寸祭礼用長胴太鼓両面張替立ち合い

2018年09月03日

騰龍社一尺四寸祭礼用長胴太鼓両面張替立ち合い

騰龍社一尺四寸祭礼用長胴太鼓両面張替立ち合い


張り替える前の状態です。打面中央の部分が薄くなっていつ穴が開くかわからない状態です。


両面の革を外し、新しい革を張ります。今回はお客様希望により立会いで行われます。


革を張り上げ、音を調整していきます


ある程度まで張りあがったところでお客様に確認していただき、
納得のいく音になるまで作業を繰り返します。



音が決まったら鋲を打ち革を留めます



立会人の皆さんで胴の中に中書きをします。書くのは主に日付や立会人の名前です。
次の張替えまで中をみることはできなくなるので写真を撮ります。


仕上げをして、胴の艶出し塗装をして完成です。

ご依頼ありがとうございました!
太鼓の問い合わせについてはこちらからどうぞお気軽に、ご相談ください。