石渓社一尺五寸祭礼用長胴太鼓両面張替立ち合い 

サイト内検索ウェブサポ サポートページサイト管理画面

新着情報

トップページ > 新着情報 > 修理実例 > 石渓社一尺五寸祭礼用長胴太鼓両面張替立ち合い

2020年05月18日

石渓社一尺五寸祭礼用長胴太鼓両面張替立ち合い

石渓社一尺五寸祭礼用長胴太鼓両面張替立ち合い



修理前の状態です。革の中心部がかなり叩き込まれています。
古い革を外し、吊り切り張り用の革で張っていきます。




今回も立会いの下で張り作業をします。
職人もお客さまもコロナ対策でマスクを着用しています。


音の確認作業、トントンとキレのいい音がします。
太鼓は張り作業の最中は革を湿らせ塩梅をつけてありますので張りあがりはここからさらに一つ音が上がります。


さらにもう一つ音を上げ。音の確認ができましたら鋲で革を留めます。



片面の革を張り終えたらもう片面を張る前に中書きをします。
その後もう片方の面も同じ程度の音になるまで張り上げて終了です。



ご依頼ありがとうございました!
太鼓の問い合わせについてはこちらからどうぞお気軽に、ご相談ください。